加盟している連盟と出場する主な大会

【1】千葉市少年軟式野球協会/千葉市美浜区少年軟式野球連盟
 千葉市内の少年軟式野球チームは全て、千葉市教育委員会配下のこの協会に所属することになっています。
さらに美浜区、若葉区、稲毛区、花見川区、中央区、緑区の6区にそれぞれの区連盟があります。わが磯辺シーグルスはこの美浜区の連盟に所属しています。

 シーグルスが参加する大会としては、大きく分けて美浜区の大会と、6区全体で開催される中央大会とがあります。
基本的に全てトーナメントです。

A、Bチーム Cチーム
美浜区大会(春季)  3月後半頃から始まります。 
 AとBチームの上位入賞チームが中央大会(春季)大会への参加権を得ます。
 3月後半頃から始まります。 
中央大会(春季)  各区の大会で選抜されてきたチームで争われます。  「低学年大会」がH12年から始まりました。
 美浜区で勝ち残ると千葉市の大会に出場できます。
美浜区大会(夏季) 6月後半頃から始まります。
中央大会(秋季)  8月の下旬頃から始まります。
 春の大会のような選抜ではなく、所属の全チームがエントリできる千葉市で最も大規模な大会です。
 Bゾーンの優勝、準優勝チームは翌年の県大会への出場権が得られます。
美浜区大会(秋季) 9月下旬ころから始まります。

【2】京葉少年野球連盟
 【1】の市の連盟と違って、任意に参加できる連盟で、千葉市以外の八千代市や佐倉市などの近隣市のチームも含めて53のチームが所属しています。
 H12年から夏季大会がなくなり、春と秋の2回になりました。基本的にはトーナメントですが、Cチームの春季の大会は教育リーグというリーグ戦が行われます。その名のとおり基本的なことを子供に教えることに主眼をおいたリーグであり、必ずしも全てのチームとは当たりません。
 Aチームは、春の大会で優勝すると、西武ドームで行われる全国大会に出場することができます。

A・Bチーム Cチーム
春季大会  ゴールデンウイークのころから始まります。
 Aチームの優勝チームは西武ドームで開催される全国大会に出場できます。
 教育リーグに相当します。
 ゴールデンウイーク明けから9月ころまで行われます。
秋季大会 10月頃から開催されます。

【3】花園・磯辺地区少年野球連盟
 これも任意の連盟です。美浜区の中の磯辺エリア、花見川区の花園エリアのチームが所属しており、2回づつの総当り戦が行われます。
例年、ゴールデンウイーク明け頃に開幕し、秋まで他の大会と日程調整しながら行われます。 試合は全て、磯辺第一小学校の裏の花磯グラウンドにて行われます。

1